メンズのための総合情報サイト

&men

スキンケア

【メンズ必見】正しい洗顔方法や化粧水、乳液を利用したスキンケアの方法!

更新日:

最近では、毎日スキンケアを続けているという男性も多いですが、自分のお手入れ方法が正しいかどうか把握出来ている方は少ないとされています。どんなに毎日念入りにお手入れを行っても、間違ったケアを続けていれば、かえって肌に負担をかけてしまう原因となります。
そこで正しい洗顔方法や化粧水、乳液を利用したスキンケアの方法をご紹介していきます。

正しい洗顔のやり方

洗顔の画像

①清潔な手ですすぎ洗い

洗顔を行う際に、まず行わなくてはいけないことが、清潔な手のひらでお手入れを行うことです。
手のひらには目には見えない雑菌が付着している可能性があり、そのまま顔を洗ってしまうと、毛穴に汚れを付着させる原因となりにきびや肌荒れといった肌トラブルを引き起こす可能性が出てきます。

そこで洗顔をする前には、必ず洗面所で石鹸を利用し手を洗うようにしましょう。
後は手と顔をぬるま湯で十分に濡らしておくと、皮膚の表面に付着しているホコリなどが軽く落とすことが出来ます。

②洗顔料はしっかり泡立てることが重要

顔を直接洗う際に必要不可欠な洗顔石鹸や洗顔フォームなどは、十分に泡立てずにそのまま顔の上でゴシゴシこすって汚れを落としているという方は多いですが、これは肌の摩擦を引き起こす危険があり避ける必要があります。
デリケートな肌を保護しながら、汚れを落とす方法として洗顔料は泡だてネットで十分に泡立ててから、使用することがポイントになります。

③優しく包み込むように洗う

毛穴の汚れやテカリが気になる方などは、どうしても強くゴシゴシ擦りながら洗顔を行ってしまう方は少なくありません。
しかし顔の皮膚は角質層が薄く、非常にデリケートなため、強くこすってしまうと角質が剥がれて、乾燥が進行してテカリの原因となります。

さらに肌のヒリつきが気になるという方も、強い力で洗顔をしてしまうことが原因の一つといわれているため、泡立てた泡で優しく顔全体を包み込むように洗うことが大切です。

④洗い流しが無いようにしっかりすすぐ

泡が肌に残ってしまうと、洗浄成分が肌に負担をかけてしまい、肌荒れの原因となる恐れがあるので洗い残しが内容にしっかりぬるま湯ですすぐようにしましょう。
このときに熱湯を利用してしまうと、皮膚の皮脂や角質が除去されやすくなってしまうため、通常よりも肌が乾燥しやすくなる恐れがあります。
すすぐお水の温度には気を使うようにしましょう。

化粧水の正しい使い方

サムネイル画像

①適量を手で温める

毛穴の奥深くまでしっかり保湿成分を浸透させるためには、冷えた状態の化粧水を肌になじませるよりも、顔に使用する前に手のひらで温めておくことがポイントです。肌の温度でぬるくなった化粧水は、通常よりも馴染みやすくなり、皮膚内部まできちんと浸透していきやすくなります。

お風呂上がりなどは乾燥が進行しやすいので、お風呂からあがった時点でしっかり保湿を行うようにしましょう。

②顔全体に伸ばしながらなじませる

両手の手のひらで化粧水をしっかりなじませてから、顔全体に行き届くように伸ばしていきながら広げていきます。
顔のテカリの原因は潤いが不足している可能性が高いので、テカりやすいTゾーンは念入りに保湿を行うようにしましょう。
このときに指に力を入れずに広げることも、皮膚を傷めないポイントになります。

③乾燥が気になる部位には重ね付け

年齢を重ねた肌質や、混合肌の方にとって、部分的に特に皮膚が乾燥して小じわくすみが目立つことがあると感じている方は多いです。そんな時に一度の化粧水を利用したお手入れでは、十分に保湿が足りていない箇所も出てきてしまう可能性があります。

目元は特に角質層が薄く、乾燥しやすい部位となっているため、化粧水を重ね付けすることで不足している保湿を足してあげることが出来ます。

④ハンドプレスが効果的

ある程度顔全体に化粧水をなじませることができたら、最後の仕上げとして手のひらで顔全体を包み込むハンドプレスを行うようにしましょう。

ハンドプレスは手のひらの体温によって、皮膚の毛穴が開き化粧水が中に浸透しやすくすることが出来るメリットがあります。このお手入れを行うと、顔の血行をよくする効果も高いので、皮膚のくすみなどに悩んでいる方にもおすすめのお手入れ方法となっています。

⑤肌へのなじみチェックを行う

化粧水を使用した時に、行っておきたいのが使用しているスキンケア化粧品の肌へのなじみが良いかどうかチェックしておくことです。
化粧水を肌に乗せた時にしっかり浸透していくのは、自分の肌質に合っている証拠ですし、きちんと保湿が行えています。しかし肌に乗せても浸透していかずに、水分が残ってしまっている場合皮膚に馴染みにくく自分には合っていないことがわかります。

乳液の正しい使い方

①10円玉くらいの量を手に取る

化粧水をしっかり肌になじませた後は、油分を含んでいる乳液で潤いの蓋をしっかり行う必要があります。
しかし一度にたっぷり乳液を使用してしまうと、かえって肌がベタついたりテカる原因となるため、適量を使用することが重要です。
多くのメーカーでは10円玉ほどの大きさの量を使用することが多いですが、季節によっては湿度の高い時、低い時に合わせて調節するようにしましょう。

②顔全体に馴染ませていく

乳液は化粧水に比べて、とろみのあるテクスチャの製品が多いので、化粧水でしっとりとした肌に乗せるとスルスル簡単に伸ばしていくことが出来ます。
ただ油分を含んでいるため、均等に塗ることが出来ないとテカリの原因を作ってしまう恐れがあります。潤いを十分に与えるためにも顔全体に優しく乳液を塗り拡げていきます。

男性も化粧水の使い方は同じなの?


女性のスキンケア方法はよく紹介されていますが、男性の肌質でも化粧水の使い方は基本的に同じとされています。
ただ男性の皮膚は女性に比べて皮脂の分泌量が多い傾向にあります。

そのため乳液を使用する際には油分があまり多くないタイプを選んでおくことがポイントになります。朝の忙しい時間に手軽にお手入れを済ませたいなら、オールインワン化粧品などもおすすめです。

化粧水はコットンを使った方が良い?

化粧水を使用する際に、手のひらではなくコットンを利用する方法がありますが、コットンは手のひらを肌に当てたくない時など清潔にお手入れを行いたい時に役立ちます。

しかし。扱いによっては肌に刺激を与えてしまう危険があるので、使用する際にはこすらないように優しく使用することが大切です。コットンパックとしても使用できることから、使用方法は用途に合わせて使い分ける必要があります。

まとめ

普段何気なく続けいたスキンケア方法も、一度見直してみると間違ったお手入れを続けてしまっていたという方も少なくありません。せっかく毎日お手入れを続けているのですから、自分の肌質の状態をきちんと把握して、適切なお手入れを行うことが美肌を目指すためにも重要になります。

一年を通して同じスキンケア化粧品を使用しているという方は多いですが、季節によって湿度の変化は大きく異なってくるので、自分の肌のコンディションを見ながら使用する製品を使い分けていくことがポイントです。
男性と女性でも肌質は異なるので、同じスキンケア化粧品を使うよりもそれぞれ肌に合ったものを利用しましょう。

-スキンケア
-, , , ,

Copyright© &men , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.